大憲章(マグナ・カルタ)
 1215年、ジョン王が受け入れた権利要求。(一部抜粋)

第1条 まず第一に、朕は、イングランドの教会は自由であり、その権利を減ずることなく、
その自由を侵されることなく有すべきことを、神に容認し、この朕の特許状によって、
朕及び朕の後継者のために永久に確認した。
 第12条 いかなる軍役免除金または御用金も、王国全体の協議によるのでなければ、
朕の王国において課せられるべきでない。
 第13条 またロンドン市は、全てのその古来の特権と、水路陸路を問わず自由な関税
とを有すべきである。さらに朕はすべての他の都市、市邑、町、港がすべてその特権と
自由な関税を有すべきことを望み、また認可する。
 第16条 いかなる者も、騎士の封、またいかなる自由な封の保有についても、その封に
付帯する以上の奉仕をおこなうことを強制されることはない。
 第39条 いかなる自由人も、彼と同輩の者の判決によるか、または国法による以外には、
逮捕され、監禁され、また自由を奪われ、また法の保護外におかれ、また追放され、また
いかなる方法にてもあれ侵害されることはなく、また朕は彼に敵対することなく、彼に
対して軍勢を派遣することはない。
 第41条 あらゆる商人は、古来の正当な慣習により、いかなる悪税をも課せられることはなく
売買のため、水路陸路を問わず、安全かつ無事にイングランドに入国出国し、イングランド内に
滞在し、通行することが出来る。