マーガレットのデッサン/作者不詳/大英博物館蔵

 マーガレット・プランタジュネット
 ソールズベリー伯爵夫人
 (1473~1541)

             

 マーガレットの家系図

 前王朝プランタジュネット家の男子は、ヘンリー7世によって、ほとんど根絶やしにされていたが、女性は反逆を企てる危険性も低かったためか、処刑を免れた。
 マーガレットもその1人であった。

 マーガレットの父は、エドワード4世の実弟クラレンス公ジョージ。
 母親は「キング・メーカー」と呼ばれたウォーリック伯の娘・イザベラであった。
 この2人の間に、1473年8月14日、温泉で知られたバース近郊のファリー城で誕生した。

 5歳の時、父はエドワード4世に反逆した、としてロンドン塔内で処刑された。

 エドワード4世崩御の後、その子供達が庶子の決定を受けて王位継承権を無くした上に、後を継いだリチャード3世の皇太子もまた早世したために、マーガレットは王位継承権を有する身となった。
 しかしヨーク王朝はすでに終焉を迎えていた。新王朝チューダー家のヘンリー7世はマーガレットを赦し、1491年母后マーガレット・ボーフォートの異母妹の息子であるソールズベリー伯リチャード・ポールに嫁がせた。

 14年後、夫のリチャードが亡くなったとき、後にはヘンリー、レジナルド、ジェフリー、アーサー、ウルスラの5子が残された。このうち2男レジナルドは法王から枢機卿に任命された。

 マーガレットはチューダー王朝でも優遇され、特にヘンリー8世王妃キャサリン・オブ・アラゴンの信頼を得ていた。第1王女メアリー(後のメアリー1世女王)が誕生した時には洗礼式に付き添って名付け親を務め、王女の世話役に任命された。
 メアリーは王女として実母の手から離れてマーガレットに養育された。
 母のキャサリンは「娘を呼べば、すぐに応じてくれるよう」マーガレットと密に連絡を取り合っていた、という。メアリーが3歳で神聖ローマ皇帝カール5世との縁談が壊れた時には、マーガレットの息子レジナルドとの縁談も浮上した。
 このままいけば、マーガレットは新女王の義母として、権勢を握ったかもしれない。

 しかし再び時代は変わり始めた。ヘンリー8世とキャサリン王妃との離婚問題は、メアリー王女に影響を与えずにはいられなかった。
 新王妃アン・ブーリンが第2王女エリザベスを生むと、第1王女メアリーは王位継承権を奪われた上に、強制的にエリザベスの侍女にされてしまった。
 マーガレットもまた養母の地位を剥奪され、蟄居せざるをえなくなった。

 メアリーを王女と呼ぶ事は禁止されたにもかかわらず、マーガレットはメアリーを王女と呼び続けた。 そして自分の紋章には、夫ポール家の紋章スミレの花に加えて、メアリーの紋章であるマリーゴールドの花を添え、王女への忠誠を表した。
 ヘンリー8世はレジナルド枢機卿を懐柔しようと試みた。もしキャサリンとの離婚を承諾するなら、ヨークの大主教の座とウィンチェスター主教区の支配を約束しようと申し出るが、レジナルドはそれを蹴って1532年、フランスに亡命、パリとイタリアのパドヴァを行き来しつつ、ヘンリー8世に反論する論文を書き続けた。


 

 1536年アン・ブーリンが没落すると、マーガレットは再び宮廷に戻った。
 しかし2男レジナルド枢機卿はバチカンを代表して、ヘンリー8世の宗教改革に正面から抵抗してみせた。

 1537年の「恩寵の巡礼の乱」でも、レジナルドは反乱の首謀者に支援を与えていた。
                 
 1538年11月、4男のジェフリーと、母方の従兄弟エドワード・ネヴィル及びニコラス・カルー卿が大法官クロムウェルの命令で、反逆罪容疑のために逮捕された。

 翌年1月、ジェフリーを除く2名がロンドン塔で処刑された。
 ジェフリー逮捕の10日後、マーガレットもまた反逆罪で逮捕となり、サザンプトン伯とイーリー主教の取り調べを受けたが、彼女は口を閉ざしたままだった。
 マーガレットはカウドレイなる土地に監禁され、さらに取り調べが続いた。

 クロムウェルは、マーガレットが背中に5つのキリストの傷をモチーフにした刺繍を施した白いチェニックを持っていた事に目をつけた。
 その紋章は「恩寵の巡礼」反乱軍の旗印でもあったために、マーガレットもまた反乱に関与している、と断定した。また、マーガレット専属の神父が海外に脱出していた事も、ヨーロッパにいるレジナルド枢機卿と連絡を取り合っていると見なされた。
 そのためマーガレットはロンドン塔に2年間幽閉される事になるのだが、塔内での待遇は悪く、常に衣服の粗末さと寒さとに苦しめられていた、という。

 1540年5月27日(または28日)、マーガレットは突然処刑されることを告げられた。
 処刑台に連行される時、こう叫んだと伝えられる。

「For traitors on the block should die, I am no traitor, no, not I!
 My faithfulness stands fast and so, Towards the block I shall not go!」
 (反逆者は処刑台で死なねばなりません、私は反逆者ではない、私は!
 私の忠誠は揺らぎはしていません、だから処刑台になど行きません。)

 そういって抵抗し、処刑台に上がることを拒否するマーガレットを、処刑人は後ろから首を切りつけた。

 ロンドン市長を含む150人の立ち会い人の目の前で、絶叫するマーガレットの首に、何度も斧が振り下ろされた。
 実際、これはヘンリー8世による、レジナルド枢機卿への復讐だった。
 ヨーロッパでバチカンの庇護を受け、手出しできないレジナルドの代わりに、腹いせで母親のマーガレットを惨殺したのだった。
 母の死を聞いたレジナルド枢機卿は、こう語ったという。
「私は殉教者の息子と呼ばれることを、決して恐れないだろう。」

 それから数世紀を経た1886年、時の法王レオ8世は、マーガレットを殉教聖者の列に加え、命日の5月28日を祝日に決めたという。

               

  参考資料/
The Tudor place by Jorge H. Castelli
The Catholic Encyclopedia