最近できたばかりの、アムステルダムの魚市場に、さっそく現れたでっぷりしたおかみさん。
「買っておくれよ。活きは最高だよ?」
「そうだねえ、もうちょっとサービスしてくれたらねえ」
「そりゃ殺生だよ、おかみさん!」

 まだあどけなさの残る年若い魚屋のお兄さんは売り込みに必死。作者のヴィッテは、依頼主から家族の肖像画を引受けるにあたって、モデルのさりげない日常生 活を主題にしました。この魚市場は、1662年の初頭に開かれたものだそうです。店頭では近海もののヒラメやタラ、エイなどが並んでいます。