ソフトだけれど、深い複雑な色合い、揺れる気まぐれな光が踊る画面。日本人の魂を魅了してやまないルノワールの名作です。
 場面はオペラが始まる直前。まだざわめいている客席を越えて、彼女の瞳は、これから始まる舞台に釘付けです。 彼女の耳には、もう透き通ったオペラ歌手の声が聞こえているかのようです。
 x線による調査では、彼女の前に、もう二人、人物が描かれるはずだったということが、下書きでわかっています。
 しかし実際には、ルノワールはヒロインと舞台との間には、客席以外は描きませんでした。
 それが緊張感となって画面を引き締めています。