実は個人的にレンブラントは見ていると気が滅入るというか、暗い感じで好きではないのですが、この絵だけは別です。老人の表情が(・∀・)イイ!!
 まるで物忘れして必死で思い出そうとしているみたいで。
「え~と、あんたは確か....えーと、その、何だ、つまりだ...う~ん。」
 で、結局思い出せなかったり(笑
 そんなお爺さんのイライラするような、微笑ましいような一瞬の表情が見事にとらえられています。
 この作品、レンブラントのサインと制作の日付けが入っているんですが、古すぎて165×までしか見えない。
 この×の部分が「3」なのか「7」なのかハッキリしないので、美術館側でも断定できずに、「1650年代」として紹介しています。