メアリー内親王と夫のサフォーク公 

 

ジェーン・グレイの一族
 ~女王エリザベスとの確執~

                        
    グレイ家家系図

 グレイ家は、もともと王家と繋がりの深い一族であった。
 エドワード4世の王妃エリザベス・ウッドビルは、エドワード4世が2人目の夫だった。
 最初の夫ジョン・グレイは薔薇戦争の最中、ランカスター側の騎士だったためにヨーク側に殺されてしまった。
 エリザベスとの間に2人の男児を残した。
 母が王妃になった後、長男トーマス・グレイは、ドーセット候の爵位を与えられた。
 これがドーセット侯爵グレイ家である。

 エリザベス・ウッドビルはエドワード4世との再婚後、王女エリザベスを生んだ。
 この王女が後にヘンリー7世の妃となり、ヘンリー8世やメアリー内親王の母后となる。
(ここでは、女王メアリー1世と区別するために、あえて「内親王」と書く)

 メアリー内親王は、後にサフォーク公チャールス・ブランドンと結婚して2子に恵まれた。
 その娘フランシスは初代トーマス・グレイの息子、ヘンリーに嫁いで、ドーセット侯爵夫人となった。
 こうしてグレイ家は、王家の血筋につらなったのである。
 ヘンリー8世の娘エリザベス(後の女王エリザベス)はグレイ一家を忌み嫌い、冷たくあしらっていた。

 グレイ家とエリザベスの確執は、ヘンリー8世の代から始まる。
 メアリー内親王は、実兄のヘンリー8世と仲が良く、王妃キャサリンの親友でもあった。
 ヘンリー8世はキャサリン王妃との間に生まれた娘を、妹にちなんで「メアリー」と命名した。
(後の女王メアリー1世である。)
 従って、兄がキャサリンと結婚して愛妾アン・ブーリン(エリザベス1世の実母)と再婚したいと言い出した時、メアリー内親王は大反対してキャサリン擁護に回った。

 アン・ブーリンとメアリー内親王との間に、対立が生まれた。
 アンは仕返しとして、権勢の絶頂期にある時、ヘンリー8世にねだってペンブルック女伯の爵位をもらうと、メアリー内親王よりも上座に座ったのだ。
 メアリーはその時すでに結婚していて、表面上はサフォーク公爵夫人であり、ペンブルック女伯より下位にいたからである。

 この一件で、メアリー内親王のアン一族に対する反感は強まった。
 正嫡の内親王が、たかが下級貴族の娘に過ぎないアンの風下に置かれたのだ。
 階級こそ絶対だった当時としては当然の怒りだった。

 メアリー内親王はアンの戴冠式への出席を拒んだ。
 その直後、娘フランシスを残して、38歳の若さで急死している。
 アンもまたヘンリー8世との間に第2王女エリザベス(後のエリザベス1世)を産んだ。
 母親同士の確執は、娘フランシスとエリザベス王女にも引き継がれた。
 従姉妹とはいいながら、2人の交流は全くなかった。
 フランシスは2代目ドーセット侯爵ヘンリー・グレイに嫁ぎ、王家の血を引く3人の娘を産んだ。
 3人姉妹ジェーン、キャサリン、メアリーは、いずれも王位継承権を持っていた。
 そのためグレイ家は、庶子扱いで王位継承権が疑わしいエリザベス王女に対して、正統な王家たる意識を持っていた。

 しかし、軍配はエリザベスの側に上がった。
 ノーサンバーランド公が擁立したフランシスの長女ジェーン・グレイが、わずか9日間で退位し、その後を継いだメアリー1世が跡継ぎを残さないまま早世すると、王位はエリザベスの手に渡ったのである。

 エリザベスが即位すると、とたんにグレイ家に対する報復が始まった。
 グレイ家の弟筋であるピーゴの系統が、まったく爵位を持てなかった史実から見ても、いかに冷遇されていたか想像できる。

 ところでフランシスとドーセット侯爵ヘンリー・グレイとの間には娘はいたが、爵位を次ぐ男児がいなかった。
(ドーセット侯爵は、長女ジェーン・グレイとほぼ同時に処刑されていた。その時点で男児がいなかったので、爵位は次女の夫か、三女の夫が引き継ぐはずだった。)

 本来であれば、ドーセット侯爵位は、次女のキャサリンが受け継ぎ、その夫であるハットフォード伯エドワード・シーモアが名乗るはずであった。
 ところがエリザベスは2人の結婚に立ち会った神父の口を塞ぎ、書類を破棄してまで、結婚を無効にした。 
 グレイ家の子孫を事実上王位継承から追い出したのみならず、ドーセット侯爵位すら許さなかったのだ。

 さらにグレイ家姉妹が、母フランシスから受け継いだサフォーク公の領地も奪い、1571年、お気に入りの側近ニコラス・ベイコンに与えてしまった。
 しかもエリザベスは死に際し、大臣ロバート・セシルから、「王位をハットフォード伯の息子に譲ってはどうか」という打診を受けた時、「あのあばずれと与太者の子孫になど、誰が王位をくれてやるものか」と答えたという。

 長女、次女が相次いで非業の死を遂げた後には、三女メアリーが残された。
 メアリーは、生まれつき背骨が湾曲している障害があった。
 背も非常に低かったという記録からすると、成長ホルモン異常の病気があったのかもしれない。

 しかし障害者であっても、父母や姉たちがいる間は何の心配もなかった。
 家族の中で愛され、育まれ、差別を知ることもなく成長した。
 8歳の時、姉ジェーンやキャサリンと一緒に、名目だけの結婚式をあげた。
 相手は従兄弟のアーサー・グレイであった。アーサーはグレイ家が没落したと見るや、ただちにメアリーを離婚した。

 身よりを失ったメアリーは、宮殿の門番だった男やもめ/トーマス・キースという中年男性と知り合い、ひっそりと結婚した。
 しかし、それを、そっとしておくようなエリザベスではなかった。

 トーマス・キースは遠方の刑務所へ流刑、メアリー自身には死ぬまで自宅蟄居を命じた。
 障害ある身を世話する人さえいない状況だった。メアリーは、せめて子供の頃から身の回りの世話をしてくれた、エイドリアン・ストークと一緒に暮らさせてほしい、と懇願した。
 さすがのエリザベスも、それだけは許可した。
 さらにメアリーは投獄されたトーマス・キースを、先妻の子供が面倒を見ることを許可してほしい、との嘆願書も書いているが、こちらが認められたか否かは定かではない。

 メアリーは1578年4月20日、孤独のうちに亡くなった。
 33歳だった。
 メアリーが死去したことで、王家の傍流だったグレイ家は断絶したのだった。

               

         

  参考資料/
The Tudor place by Jorge H. Castelli
Lady Jane byJennifer Halligan
Lady Jane Grey by Jane Lambert
Whos Who in Tudor England (Whos Who
British History Series, Vol.4) by C.R.N.Routh 

→「大貴族たちのルーツ」へ戻る