エドワード6世/ホルバイン作1543/NYメトロポリタン美術館蔵  
 

 

エドワード6世の肖像画ギャラリー
EDWARD VI GALLERY 
        
エドワード6世家系図

 1537年10月12日、ハンプトン宮で誕生
1547年2月25日、ウェストミンスター寺院にて戴冠
1553年7月6日、グリニッジ宮にて崩御 享年15歳

 エドワードはヘンリー8世にとって、かけがえのない長男であった。
 息子を得るためだけに、ヘンリーは3度結婚し、3人目の妻ジェーン・シーモアによって、ようやくエドワードが誕生した。しかし母のジェーンは、出産後12日目に亡くなった。

 エドワードは非常に勤勉な少年であった。歴史、地理、宗教、言語を学び、とりわけ地理と宗教を好んだ。
 英国、スコットランド、フランスの全ての港の位置と潮の関係、出航に適した風の条件などに精通していた。 宗教においても聖書をよく暗記し、周囲の影響を受けて熱心なプロテスタントに成長した。

 一見幼く愛らしく見えるエドワードであるが、その体内に流れる父や祖父の残忍なる気質は変えようがなかった。レジナルド・ポールが聞いた話によれば、ある時エドワードは家庭教師の目の前で、生きているハヤブサを惨殺した、という。
 1547年、父のヘンリー8世が死に、自分が新国王となった事を知らされた時、エドワードは異母姉のエリザベスと抱き合って泣いた。

 ヘンリー8世の遺言により、摂政サマーセット公を始めとする協議会が、新王エドワード6世が、16歳になるまで補佐することになっていた。
 しかしエドワードは14歳で、すでに持ち前の独裁的性格を見せ始めた。
 伯父である摂政サマーセット公と、もう1人の叔父トーマス・シーモアが対立した時、彼はトーマス・シーモアを反逆者として逮捕させた。弟を処刑することに躊躇する摂政に、エドワードは協議会を通して処刑するよう命じている。
 彼が叔父トーマスを憎んだのは、一説によれば、愛犬を射殺されたからだ、という。
 後にエドワードは叔父の摂政よりも、ノーサンバーランド公ジョン・ダッドリーを信頼し、伯父である摂政サマーセット公をも失脚・処刑させた。

 異母姉のエリザベスは、一般的には仲の良い異母姉弟、とされているが、エドワードを弟よりも国王として敬った。エドワードの前ではかならず跪き、手紙には「陛下の慎ましい姉にして下僕」と署名した。
 2人は一緒に暮らしていた事もあったが、即位の後は完全に離ればなれとなり、会食に同席するおりには、エリザベスは「5度弟の前に跪き」平伏した、という。
 エドワードもまた飾り気のない異母姉を「私の禁欲的なお姉様」とからかって呼んだという。
 しかし16歳で、死神が近づいていた。医師は「肺に化膿する腫瘍」があると診断した。
 腕や足は異様にふくれあがり、肌は黒ずみ、髪が抜け落ちていった。
 激しい咳と痛みの下で、エドワードは2人の異母姉ではなく、自分と同じように熱心なプロテスタントだった遠縁のジェーン・グレイに王位を譲るとして、父の決めた王位継承法を訂正する遺言状を作らせた。
 1553年7月6日、エドワードは祈りの言葉を呟きながら息を引き取った。
    わずか16才と9ヶ月の生涯だった。
               
            

                  
     参考資料/
The Tudor place  Jorge H. Castelli
女王エリザベス ヒバート 原書房
新版イギリス史 大野真弓 山川出版社
概説イギリス史 青山吉信編 有斐閣選書

                  →目次へ           

エドワード6世King Edward 6